-

自動車を所有する人でしたら承知しているものですが自動車税なるものが徴収されます。

それでこれは査定に出す中古車の買取時に戻ってくる税金なのです。

このような事は現実に実行してみたら直ぐに分かりますが、最初から順に出来るだけわかりやすく説明します。

注意書きするならば、日本のメーカーの自動車だけに限らず外車も税が返還される対象になります。

これは車についても当てはまります。

自動車税という税金は自動車を所有している人が払わなければいけない税で自動車の排気量の大小により規定されています。

1リッター以下ならば29500円となり、1リッターより上で1.5リッター以下までが34500円になります。

その後は500ccずつ5000円が乗ってきます。

それからこの税は4月1日時点で車を所有している人が以後一年分の全額を納める決まりです。

ということは先払いということですから、当然愛車を引き取ってもらって、所有権を失った時は先払いした分の税金は還付されるというわけです。

この税というのは事前納付で年度内の税金を支払うので、年度内にクルマを売却した場合は新たなオーナーが自動車税を納めなければいけないということになります。

買い取った相手が中古車買い取り専門店でしたら、売却時に自分が払いすぎた税額を返還してくれます。

まとめると所有権が移った日からの税額は新たな所有者が納付義務を負います。

もし10月の間に自動車を買い取ってもらったのであれば、11月から翌年3月いっぱいまでの払った税金は還付されます。

というのは前述した通り自動車税という税金は先払いであるということから来ています。

つまり、売却者は買取先に払いすぎたお金を返還してもらうということです。

個人的に愛車を手放すときに結構このような重要なことに気づかない人が見受けられるため、きっちり忘れないようにすることです。

自動車税という税金は車を手放すと返ってくるという知識を意外に知っている人が少ないからと言ってその状況を悪用する業者も存在します。

自分から自動車税に関して言わなければ、一切そのことには言わないというケースも頻繁に聞かれます。

そのためクルマの売却をする時には、自動車税が返ってくることの確認をおろそかにしないようにしましょう。

Category

リンク